スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うふふ

俺はグロ慣れしてるなぁ。
6話も普通に飯が旨い。
胸糞は悪いけれどな。

可哀相な人生とかあんまり好きじゃないんだけれどね。
そこが一番のネックですよね。
5話は過去話がないからまともな気がしたのか。
理不尽な人生はお前の選択肢の先だよと言いたい。
つまり誰かの何かのせいにしてるのが嫌なんだ。
俺には出来ないから。


そんなふうに誰かを何かを怨んでみたいから?
じゃあ嫉妬なのかな。



音無、元ヤンかよ。
いや、ただのぼっちか。
親は?
こいつ、妹殺すかな?
寒くて死ぬかもね。
あ、死んだ。
医者、になれないのか。
あーあ。

やっぱギルドってミリヲタ集団か。


しかし天使が二人とかなんでもアリ過ぎる。
祭囃し編は推理出来ないだろjkって気分。
予告の「天使プレイヤー!?」っての見るとこの世界が産んだ「天使」っつー抑止力かな。
つまり残ってる生徒を消すための強制力。
世界にゃなんの目的があって消そうとしてんだかわかんねぇけれど。
でもそれってまどろっこしいな。
直井みたいに催眠でも使えばいい。
じゃあ違うか?


あとさー、奏の周りの友達が消えてく、奏は普通の死んだ人間だってんなら、
なんで奏は消えない。
彼女と共に模範行動をするなら、彼女が普通に人間だとするなら、奏も一緒に消えるはず。
奏はやっぱ普通じゃねぇ。
もしくは、彼女の言う「味方が消える」の意味が音無の考えと違うか。
そうじゃないな。
味方が居ようと居まいと模範行動をとって彼女が消えてないのは事実。
奏は人間じゃない。
もしくは、死以外にこの世界に入る方法があってどーたらこーたら。
……死へのアプローチが違うとかな。
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。