スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aqua Timezの話

彼らの真髄はラップとポップスの融合にあると思うんだよね。
流れるようにラップからポップスへ、ポップスからラップへ
っていうのも一つ面白いし、
バラードラップ的なものがあるのも好き。
単にリズムを落としたラップじゃなくて、
ポップスというには単調な、
ラップというにはメロディアスな、
絶妙な曖昧な曲。
聞かないとわかんないかな。

この辺りはRADも多少やってるけれど、
この点に関して言えばAquaのが面白い。

こういう斬新さに期待して早数年。
そろそろ芽が出る気もするんだけどなぁ。


最新アルバムは何とも言えないんだよな。
2~3曲、これまでの曲とは比べものにならない名曲出してきた癖に、
他のは何ともファン目線でさえ微妙。
振れ幅が広がった。
これがいい傾向なのか悪い傾向なのか分からん。
その後に出したMASKも表題曲はいいのにカップリングは微妙。
彼らは何処に向かっているのでしょうか。
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。