スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌ってみなくなった理由

書いたって胡散臭くなるかなーと思って書かなかったけど、
ここで嘘吐いたってしょーがないことくらい、
きっと俺も誰も分かってるし、
そもそも信じて貰えなくたってそんなことに意味はない。

そう思って書いてみる。


単純な話なんですけどね。
凄く。
「歌いたい歌がなかった」。
ただ、それに尽きる。

あの場所で歌ってみるのであれば、
ヴォーカロイドの曲を歌うのが一種の義務と化しているように感じた。
でも俺は、あまり彼女たちに興味がもてなかった。
幾つか覚えたけれど、歌うために覚えるのは本末転倒なんだよ。

好きで、聞いて、覚えて、歌う。
この流れの、一番最初が無かった。
だから、本来そもそも始まるはずのないものを、
歌うっていう結果に行き着くために無理やり「聞いて」から始めた。
そんなものには無理しか生じない。

だから、歌う気がしなくなった。
それだけの理由なんだよね。


別に叩かれるのは覚悟していたし、それはまったく理由にならない。
どれほど俺が上手いと思った人でも、
どれほど俺がセンス良いと思った人でも、
必ず誰かには叩かれているし、
長いこと続けることによって結果はついてくるものなんだろうとも思っていた。
いや、ついてこなくたって数人に褒められたらそれだけで嬉しいとさえ思っていた。

でも、俺は始める段階で一つ勘違いをしていたんだろうね。
「好きな歌を歌っていないのなら、それが褒められるはずがない」。
そんな当たり前の前提を見失っていた。
「俺が歌ってて楽しくない」のと
「楽しそうに歌ってないのを聞く」が組み合わさったって、
ロクな結果にならないのは、今、見れば明白なのにね。

俺がボカロを好きになれなかった、という前提は、
続けられない要因にもなったし、叩かれた要因にもなっている。

現に、と言っていいのかは分からないけれど、
圧倒的にファンが多いであろうRADWIMPSの曲を歌ってもそんなに叩かれてない。
俺が好きだから。


そういうのって、やっぱり大事なんだね。
それを知れたのは、良かった。
蛇足。

好きな曲もあったでしょう?
っていうかもしれないし、
好きな曲が見つかってないだけ
っていうかもしれないけれど、
それが数曲見つかったところで続けていくには絶対的に足りない。
だからやっぱり、ヴォーカロイドそのものが好きになれなければダメだろうね。

それに俺は、やっぱり打ち込みの音が好きになれない。
余りある力があるマッキーやゴスは別格として。
それなのに声まで打ち込みじゃ、もう俺には無理。
カバーされたって楽器は打ち込みだしねぇ。

どうしても打ち込みって「オーケストラ」になるんだよね。
みんな、大量の楽器をぶち込む。
やれることが多いと、やってみたくなるんだろうねぇ。
気持ちは分かるけれど俺は4、5個の楽器が鳴ってるだけのシンプルな音が好きなんだ。


でも、邦楽を歌ってみるには、音源がなかったんだよ。
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。