スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さーて、はがないアンソロジー終わったし

次はデートアライブかな?
……またハーレムになってしまった。
間食が欲しいところやな。

はがないアンソは、
原作者さんが全力でアホやってくれたから十分かな。
他の人はまぁ悪くない程度で。
アンソロジーってそんなもんよね。
強いていうなら変態王子の人のかな。
夜空らしくて良かった。


まぁデート・ア・ライブも酷くはないんだけどね。
だからこそ読めているのかな。
確かに一人一人を懇切丁寧に落として行ってはいる。
丸々一冊使って一体ずつ「精霊」=存在するだけで世界を壊してしまう少女たちを、
落としていくわけで……CM見た人は分かるかな。
「世界を滅ぼす少女を止める方法は、デートしてデレさせること!?」。
精霊は主人公に心を開いた状態で主人公とキスをすると力が封印される、らしい。
何故主人公じゃなきゃダメなのかの理由は、あるみたいだが未だ不明。
だからそりゃまぁ丁寧に描いてはいるけれど、
「心を開いた状態で」を毎巻別の女の子に繰り返しているわけだからな。
でもそうしなきゃ世界が滅ぶってんだから仕方ない。
無茶苦茶やで。

単純ハーレムよりはずっといい、かな。
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。