スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うわっ、キモい

「ほら、おぶりますから。帰りましょう」

「……くふっ、はぁい」

「っしょと」

「背中ひろーい」

「はいはい」

「胸あたって嬉しいですかー」

「へ、変なこと言わないでください」

「くふふ。むにゃ」

「寝ててもいいですよ」

「くぁ……。むにゃむにゃ」


「はい、着きましたよ。鍵開けて下さい」

「……んん」ガチャ

「お邪魔します」

「……水」フラフラ

「はいはい。……どーぞ」

「んぐ、ぐ、ぷは。ありがとござます」

「はい。もう寝ましょう」

「ん」

「ベッドはどちらですか」

「……」トコトコ

「こっちですか」

「……」ボフッ

「……お休みなさい」

「……」

「……」

「待ってください。どこ行くんですか」

「どこ、ってもう帰ろうかと」

「こんな美人が無防備に寝ててほっとくんですか」

「いや、放っておくというか」

「私、そんなに魅力ないですか」

「へ?」

「そうですよね。そんなのわかってます。こんなだからこの歳まで独り者なんですから」

「……そ、そんなことないです!小鳥さんは魅力あります!」

「ふぇ?」

「美人だし可愛いし優しいし仕事もちゃんとするしスタイルいいし気が利くしと、とにかく小鳥さんは魅力いっぱいです!」

「それなら……。それなら、私を貰ってくれますか?」

「……っ。は、はい。小鳥さんは僕が一生幸せにしてみせます」

「……」

「だから、その、け、結婚を前提に、えと、その、つ、付き合って下さい!!」

「……。こっちに来てくれますか」

「……は、はい」

「……」グイッ チュッ

「!!……」

「……」

「ぷぁ」

「ぷは、これが返事じゃダメですか?」

「……。……だ、ダメです。ちゃんと言葉で聞かないと」

「……。意地悪」

「すみません」

「仕方ないですね。……これから、宜しくお願いします」

「……はいっ!」




キモい。
俺、昨日の深夜にこんなの書いてた。

うへへ。
かーわいいなぁ。
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。