スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B.A.D.8巻がキツすぎる

この俺が……いや、別にグロ耐性が優れてるとは言わないけど、
俺が吐きそうになるとは。
俺が悲しみで泣くとは。

雄介……。アカンよ。
それはアカンって。


はぁ。
ハードやなぁ。

いやぁ、作家。
作家か……。
スポンサーサイト

独白/RADWIMPS

昨日は話が出来てよかった。
考えてみれば思い出話なんて俺たちあんまりしないから。
かといって未来を語るわけでもないし。
つまりいつでも今の話ばっかりで、今、何を作りたいかばっかりで、俺にはそれが丁度いい。
でも昨日久々に昔の話をしてつくづく思ったよ。
俺たちは何をあんなに信じきってたんだろうね。
何も疑わず、365日音を鳴らし続けてたんだろうね。
何も知らなかっただけなのかなぁ。
それだけだったのかなぁ。

8年前。
いつも電車賃さえギリギリで、スタジオは安いからって深夜の5時間パックに入った。
初めてのオンボロ車はレコーディング帰りの朝の15号線上で煙を吐いて死んだ。
初心者マークをつけて、道路上で立ち尽くすあまりに無力なその車に浴びせられるクラクションと冷たい視線。
日産バルサ、君の有志を僕たちは忘れないよ。

初めての給料が振り込まれるって、作りたてのカード持って新横浜のコンビニに四人で行った。
ドキドキしながらATMをぐるっと囲って、入金を確認すると思わず店の中でバンザイして叫んだんだ。
1万5000円だったけど、初めて認められた気がした。
何をやってんだって後ろ指差されて生きてたような気がしてたけど、……別にそれが嫌だったわけじゃないけど、でも嬉しかったんだ。
そんな「初めて」もお前らと一緒だった。
あの時、あの時期、お前らは何を思ってた?
多分同じ気持ちだったって勝手に思ってる。
一緒に同じ時間を潜り抜けてくれて……ありがとう。


先なんて何にも見えなかった。
いつまでに、何をどうして、どうなって……。
そんなの知らない。
誰も言わない。
それが暗黙のルールだった。
根拠の無い自信――それだけで充分だった。
俺たちにあるのはそれだけだった。
どんだけちっぽけな光も、光だったら何百倍も大げさに受け取った。
たまに真面目な顔した現実がこっち見て笑うんだ。
そんな時は全速力で逃げた。
「知るか」って。

どこの世界にもあるであろう「常識」「当たり前」。
この世界もそんなものの宝庫だった。
中には、いつまでも燻るための教科書なんじゃないかって思えるものもあった。
目を見開いて、大事なもんだけ握って、あとは2秒で捨てた。


俺たちは泣き虫だ。
どこだろうが、誰が居ようが、何かにつけて呆れるくらい泣いた。
なりたい自分が向こう側に居て、なれない自分が目の前に居た。
小さな自分を守りたくて、不甲斐なさに潰されそうで……。
世界にたった四人だけみたいなあの小さなスタジオの中で心が擦り切れるまで話をした。
たった一つのコード、たった一つのリズムに何十時間、何日とかけて……スタジオに入っても音も出さずに帰る日もあった。
八つ当たりして、蹴飛ばして、喚いて、怒鳴って、居なくなって、探して……。
はっと我に返って「何なんだ俺たち」って笑えてきて……そんでまた泣いた。

俺一人だったら到底生きられなかった。
嘘にしちゃってた。
こんなに勇気を使えなかった。
使い方も知らないままだった。
一人で見るにはとてもじゃないけど大きすぎた。
四人で見たから、本当になった。
あの時話してたことを覚えてる?
俺は気持ち悪いくらい覚えてる。
リズム、コード、メロディ……その音楽を作り出すたった三つの言葉がどこまでも無限に感じた。
そしてレコーディング……録音して残すというその意味を語った。
俺たちから生まれた曲は自分たちの命よりもずっとずっと長く生きるんだ。
うちらが消えてなくなった後も、俺たちの意思はこの世界に残るんだ。
俺たちの言葉を話し続けるんだ、何百年後も。
そんな大逸れたことを大真面目に話した。
そんな一音を、たった一つの音を、鳴らそうって決めたんだ。


S、あなたは僕らの瞳です。
俺らはしょっちゅうぐにょぐにょ迷うけど、そんなときあなたの真っ直ぐな目を頼ります。
どこを見てるんだろう。
あなたが見ているその先を目指します。
あなたは変わった。
とても優しく、強くなった。
そんな変化も、こんな近くで見れて嬉しいです。
この前くれた大切な言葉、あれは僕の誇りです。
死ぬまでずっと、大事にします。

T、あなたが僕らの体です。
怠け者のうちらの中で、一人「続けること」をあなたは止めない。
不器用で、一途で、優しい。
この四人の根っこはあなたで動きます。
「見えないとこで何を思い、何と戦ってるんだろう」そんなことを考えます。
たまには見えるところでやって欲しい。
好きに甘えて見せて欲しい。
大丈夫だよって言わせて欲しい。
ネジが外れたあなたも好きです。

K、あなたは僕らのハートです。
元気にしてますか?
真っ直ぐ晴れた気持ちで今日も生きてますか?
もしそうなら、きっと俺らもそうだから。
貴方の心がそのまま俺らのハートです、良いも悪いも。
堂々と生きろ。
逃げるな。
言い訳を探すな。
下じゃない、前を見ろ。
俺が言えるのはそれくらい。
あとはたくさん教わった。
初めて言うけど、何度も救われたから。
笑った顔のあなたが好きです。

あなたたちは僕の誇りです。
俺にとっての奇跡です。
あなたたちだけが知る俺が居るでしょう。
そんなことが堪らなく嬉しいです……嬉しいです。

いつも緊張する。
世界で一番最初に曲を聞かせるあの瞬間。
でもこれからも変わらず聴いて欲しい。
俺が作った曲を世界で誰よりも一番最初に聴いて欲しい。


昔話は終わり。
また作ろう。
また始めよう。

ありがとう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。