スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来日記もラストスパートに

入りましたなぁ。

今回はみねねちゃんが可愛い、だけじゃ終わらない回でしたなぁ。
ユッキーがもう完全に腹括って主人公になった感じがいいね。
今日だけで9巻のほぼ全てが終わっちゃった。
でも、端折ってる部分は全然なかったから、
多分、アクションシーンが多くてテンポあがったんだろうね。

この調子でいくってことは、やっぱり最後=12巻までやるつもりっぽいな。
いやぁ、もうあと数話しかないのに残り4巻分もあって
本当に最後まで行くの?と不安がってたんだけれど、
こっからは一気にテンポアップするんだね。

よしよし、良い感じだ。
このまま最後まで駆け抜けて欲しいわ。


さて、まさかこんなに早く終わると思ってなかったから、
また未来日記の次、買わないとなぁ。
スポンサーサイト

今週のいぬぼくはオリジナルでしたか

えー。
不安だなぁ。
4巻までやればいいのに。

おー

ONEOKすげーことやらせてもらえんじゃん。
ニルヴァーナのカバーやらせてもらえるみたいよ。
しかもSmells Like Teen Spiritを。

NEVERMIND TRIBUTE
01.Smells Like Teen Spirit -by ONE OK ROCK
02.In Bloom -by LOW IQ 01
03.Come As You Are -by BACK DROP BOMB
04.Breed -by 10-FEET
05.Lithium -by MAN WITH A MISSION
06.Polly -by 大橋トリオ
07.Territorial Pissings -by 9mm Parabellum Bullet
08.Drain You -by →Pia-no-jaC←
09.Lounge Act -by Four Minutes Til Midnight
10.Stay Away -by THE NOVEMBERS
11.On A Plain -by(後日発表)
12.Something In The Way -by Sim

これは聴いておかないといけないなぁ。
でも、他、THE NOVEMBERSくらいしか興味ないな。
借りるかなぁ……。

大体冬アニメ、中盤を越えたね




 妖狐×僕SS
 偽物語
 Another
 男子高校生の日常

 戦姫絶唱シンフォギア
 キルミーベイベー
 モーレツ宇宙海賊

 あの夏で待ってる
 輪廻のラグランジェ

こんなもんかなぁ。
現状は。
超絶おもしれーってほどのものはないかも。
なんだこれっていうほどのものもないし。

みんなそれぞれそこそこ面白いみたいな。
正直インパクト薄いな……。

偽はまぁこの位置でいいんだろうけどね。
後日譚なんてのはただの日常を描いたに過ぎないんだから、
特別面白い必要はない。
「みんなその後何してるんだろう」ってのを書く為に、
全員を登場させてみた、って感じだろうからねぇ。

妖狐×僕SSは……どうなんだろう。
もう話知っちゃってるからってだけかな。
テンポが遅く感じるのは。
これじゃ4巻まで行かないんじゃないかなぁ。
そしたら、半端なところで終わりそうだけれど。
んー?
どこで締めるつもりなんだろう。
それともここから何かを切るのか。
もしくはエンジンをかけていくのか。
果たして……。
描き方は漫画そのままでいいと思うから、期待してますですよ。

えっ

あれ?
ヴォイド取られちゃった。

ヴォイド無くして、集になんか残んの?
クズしか残らない……のか、
逆に力を失ったことでクズ力が下がるのか。
力があるからこそのクズっぷりと考えることも出来るっちゃ出来る。
その前までは多少イラつくけれど常識の範囲内だった、かな。
1話冒頭しかヴォイドが無かった期間無かったけれど。

つーかガイ、戻って来んのかい。
安っぽい死だとは思ってたけれど、
戻ってきたら更に安っぽくなるな。

公式HPで見れる予告がヒドいって聞いて、
初めて見てみたけれど、
なるほど、つぐみも綾瀬もガイ側に着くのか。
ま、それは「アヤ姉は出ちゃダメ!」辺りの台詞でなんとなく分かったけどね。
要はクーデターに加担してたんだろ?
集を元に戻すため、とかそういう大義名分抱えててくれればまだ救いもある……かなぁ。
そんなんじゃ戻らないくらいに堕ちちゃったっぽいけどね。

いのりが居る……お陰なのかせいなのかは分からないけれど、
いのりが居ることで這い上がってまで戻る理由が無いんだよね、集には。
谷尋も集側に着くかなぁ。
もう改心しきってたようには見えたけれど、それをどれくらい集が信用するか。
あ、集を助けて死ぬとかあるかな。
そんで、集が「ああ、谷尋は僕のことを信用してくれていたのに……」
みたいな?
それじゃワンパかな。
ま、とにかく一人じゃないから、
自分が間違っていると認識することも難しくなるし、
寂しささえないから、本当に対立ルートしか見えないなぁ。
ヴォイドを失った集がどうやって対立するのかは知らないけれど。
来週の予告で言ってたいのりの覚悟とやらが何か関係するのか。

いのりは乗っ取られる系のやつだったんだな。
本人に意識は無かったのか。
んー、と、すると、最終的に集と二人でデッドエンドも見えるなぁ。
私は私のままで居たいとかでさ、集も追い詰められて二人で心中、みたいな。

ここまで来たら二人の最後が気になるね。

血迷った

120216_2004~01
寧々さーんwwwwww
ウェヒヒwwwwwww

戻って来れなくなったらごめんね。
なんとなく。

歌ってみなくなった理由

書いたって胡散臭くなるかなーと思って書かなかったけど、
ここで嘘吐いたってしょーがないことくらい、
きっと俺も誰も分かってるし、
そもそも信じて貰えなくたってそんなことに意味はない。

そう思って書いてみる。


単純な話なんですけどね。
凄く。
「歌いたい歌がなかった」。
ただ、それに尽きる。

あの場所で歌ってみるのであれば、
ヴォーカロイドの曲を歌うのが一種の義務と化しているように感じた。
でも俺は、あまり彼女たちに興味がもてなかった。
幾つか覚えたけれど、歌うために覚えるのは本末転倒なんだよ。

好きで、聞いて、覚えて、歌う。
この流れの、一番最初が無かった。
だから、本来そもそも始まるはずのないものを、
歌うっていう結果に行き着くために無理やり「聞いて」から始めた。
そんなものには無理しか生じない。

だから、歌う気がしなくなった。
それだけの理由なんだよね。


別に叩かれるのは覚悟していたし、それはまったく理由にならない。
どれほど俺が上手いと思った人でも、
どれほど俺がセンス良いと思った人でも、
必ず誰かには叩かれているし、
長いこと続けることによって結果はついてくるものなんだろうとも思っていた。
いや、ついてこなくたって数人に褒められたらそれだけで嬉しいとさえ思っていた。

でも、俺は始める段階で一つ勘違いをしていたんだろうね。
「好きな歌を歌っていないのなら、それが褒められるはずがない」。
そんな当たり前の前提を見失っていた。
「俺が歌ってて楽しくない」のと
「楽しそうに歌ってないのを聞く」が組み合わさったって、
ロクな結果にならないのは、今、見れば明白なのにね。

俺がボカロを好きになれなかった、という前提は、
続けられない要因にもなったし、叩かれた要因にもなっている。

現に、と言っていいのかは分からないけれど、
圧倒的にファンが多いであろうRADWIMPSの曲を歌ってもそんなに叩かれてない。
俺が好きだから。


そういうのって、やっぱり大事なんだね。
それを知れたのは、良かった。
蛇足。

好きな曲もあったでしょう?
っていうかもしれないし、
好きな曲が見つかってないだけ
っていうかもしれないけれど、
それが数曲見つかったところで続けていくには絶対的に足りない。
だからやっぱり、ヴォーカロイドそのものが好きになれなければダメだろうね。

それに俺は、やっぱり打ち込みの音が好きになれない。
余りある力があるマッキーやゴスは別格として。
それなのに声まで打ち込みじゃ、もう俺には無理。
カバーされたって楽器は打ち込みだしねぇ。

どうしても打ち込みって「オーケストラ」になるんだよね。
みんな、大量の楽器をぶち込む。
やれることが多いと、やってみたくなるんだろうねぇ。
気持ちは分かるけれど俺は4、5個の楽器が鳴ってるだけのシンプルな音が好きなんだ。


でも、邦楽を歌ってみるには、音源がなかったんだよ。

ギルクラって集を虐める為にあるよね

谷尋「全生徒をヴォイドでランク分けし
   上下関係を徹底する。その頂点にお前が君臨するんだ」

集  「そんなのやるべきじゃないよ」

綾瀬「あなたの気持ちも分かるけど、レッドラインは迫ってるのよ?」

つぐ「同情は毒にしかならない。君、人に嫌われたくないだけなんじゃないの」


集 「ランク分けによる統治やるしかねーか」

綾瀬「どういうつもりよ、あなたの気持ちも分かるけど」
集「レッドラインは迫ってる。みんなをここから救い出さないと」
綾瀬「ぱぁん!!(ヒステリービンタ)」
集「えっ」

つぐ「ヴォイドによるヴォイドのための王国…それがこの学園の現状だよ…」
アル「くそっ!集のやろう!」
集「えー」

まぁ、集もクズなんですけどね。

いやーまさかなー

まさか木曜日放映で一番面白いアニメがキルミーベイベーになるとはなぁ。
ひどいクールだw

ノイタミナ、コケすぎですな。
ブラクロはまだ1話しか見てないからなんともいえない段階ではあるけれど。
ただ、マリーさんの脚本あんま好きじゃないんだよなぁ。
フラクタルもあの花もいろはもあんま面白くなかった。
何だろう、めっちゃくちゃにつまんねぇなんだこのクソアニメ!とは言わないけど、
だからこそ逆に最後まで見てあー、あんま面白くなかったなぁ、
って思って終わるみたいなのばっか続いてる。
今回はそうじゃないといいけど……。


ほらー、目を見ないとボイドが出ない設定生きてたじゃん。
なに、あの集会長決定シーンで銃弾はじいたシーン。

てなわけでギルクラ。
あれから何日経った設定なんだよ。
翌日だとしたら服従が広がるの早すぎるな。

そもそもボイドの設定が理不尽すぎるんだよ。
何か努力とかそういうのがあるなら分かるんだけど。
全員たまたま偶然SだったりFだったりするんだろ?
それで政治されるってちょっと……。

ただ、一つだけ。
集はまだ、堕ちていくのか。
いのりも元々堕ちてたっぽいしね。
姉貴の要素が出来ている……?
ま、これならまだマシ、かな。
願わくば悪の王になってくれ。
そうじゃなきゃもう、擁護の仕様がない。

MASK

Aqua Timez一年ぶりの新曲ですわ。
気に入ったわ。

まぁ、あれだね。
最近太志があんまり曲を書いてなかったんだけれど、
今回のは作詞作曲彼みたいだからそれで気に入ったんだろうね。
みんなで作った曲より彼一人で作った曲の方が個人的には好きだ。

耳コピ。

傷ひとつない心がどこにあるのだろうか
首元を通り過ぎる風に尋ねられた
真っ当な答えなんて持ち合わせてはいない
一人ひとつの命 生き生きと生きるだけ

少しだけ青すぎた春に打ちのめされて
同じ夏の光を共に掻き分けて来た
君の選んだ道に前向きさよ 蔓延れ
またいつか灯しあえますように

曇らずに生きてほしい だから雨を嫌わないで
嘘は吐かずにいてほしい 寂しくなるだけだから

君の体はその内側にあるよ 潜ませて運ぶためにあるんだ
ずっと ずっと 生まれた日からずっと
僕も君も彼も誰も みんな言葉に出来ず彷徨ってるんだ
いつか いつか 届けられるようにって

人の輪に入りそびれ どうすることも出来ず
孤独という拠点で季節を着替えるだけ
逆風に抱かれながら息絶えてく願いは
それぞれが持つ想いの中にだけ住み着く

ここではないどこかに逃げてしまいたくて
自分じゃない誰かになってしまいたくって
とりあえず貼り付けた笑顔の一枚奥
人は何を欲しがるのだろう

寝そべった芝生の上 少しだけ泣いた後に
ドーナツの穴から覗く空があまりに青くて今度は思い切り泣いた

タイムマシンなんか無くたって良いんだ
今を大事に出来たら良いんだけど けど後悔を手放せず
いつか寄り添うために独りになった 一つになるため欠片になった
そうさ そうだよ 一生のうちに間に合うようにって

君がくれたあの想いに綺麗な名前など無くても
君がくれたあの想いは記憶の空を舞い続ける

「曇らずに生きて欲しい。だから雨を嫌わないで」と
「嘘は吐かずにいて欲しい。寂しくなるだけだから」と

僕の中で迷子になった孤独を君は探し出して抱きしめてくれた
「もうね、泣いていいんだよ」って
堪え切れる様になってしまって悲しいのに泣けなかった僕ずっと
僕 ずっと泣きたかったんだなぁ

心に何も被せないで思い切り笑いたかったんだ

ん?あれ?

mei_anime.gif
あー、確実にどっちも死ぬわけじゃあないのか。
いいんちょちゃんはたまたま本人と母親が死んだけど、
看護婦さんは死んでその弟は死なないのか。

さて、やっぱり。
鳴ちゃんは普通の女の子だった。
これは予想通り。
よかったよかった。
二重の意味でね。
今週も少し漏れてたけれど、来週から感情が漏れ出すわけですね。
楽しみ楽しみ。


居ないものにされたのならさ、
教室で暴れてやればいいんじゃね?
それか鳴ちゃんと教室のど真ん中でイチャついてやるとかw
まぁ、それで人が死んだら困るのか。

これはサスペンス要素はあるのかなぁ。
えと、つまりこの「ミサキ」から始まった事件は解決されるのか、ということ。
なーなーで終わるのならそういうものとするけれど、
でもそれを調べないのなら、これから鳴ちゃんとイチャつくだけで終わっちゃうわな。
最低限、「居ないもの」扱いしなくても済む方法を見つけないと。

あ、そうそう。
これで鳴ちゃんに関する謎は自白されていくわけだから、
1話冒頭で霊安室に行って何をしていたのかも分かるわけだ。
あの場所には何があるのやら。

さて、次の問題は「死者は誰――?」ってところなわけで。
最低限死んでないやつだよな。
てかまぁ絞るなら、
赤沢、風見、勅使河原、望月、榊原の中だろうことは想像に易いんだけど、
その中で誰かっていうとまだ弱いなぁ。

第一候補は赤沢さんかなぁ。
対策が必要なのはあなたでした、みたいな。
第二候補は榊原、とか?
冒頭の病気で実はもう死んでました、みたいな。
主人公ってのは盲点になりやすいしねぇ。
途中で入ってきたっていうのもどっちに転ぶのか。
だから違うのか、だから死者なのか。

風見と勅使河原はコンビだろうから、鍵があるのなら共通しているはず。
小学生からの旧友というのがどんな影響を及ぼすのか……。

望月はなぁ、つかみどころがないなぁ。
先生に惚れ掛けてるのは何か関係するのか。
みょーにフューチャーされてるのが逆に気になる感じ。
存在がふわふわしてる=死者と見せかけたいうブラフだと思うんだけどねぇ。

全員ピックアップしてるあたり、絞りきれてない様子が凄く分かると思いますw
まだこの謎に関しては今週からがスタートラインだから、こんなものでしょう。

まぁ買いますよね

集合
だってボクだもの。
今日休みだったしね。
景品としては相当精巧に出来てるわ。
けいおん!のやつより気合入ってる。
かわいい。
……さやかがキュゥべぇよりも多く売れ残っていたのはたまたま。偶然。その店だけ。
4件回った売れ残り率としては……
さ>マ≧キュ>きょ>ま=ほ
くらいの差だったかな。
たまたま、その店たちだけね。

各ズームは追記に。

続きを読む »

レミオロメン解散か

今更その話?って思うだろうけど、話が出てすぐ知ってはいたよ。
ただ、思うところがあったのが今だっただけ。

彼らの粉雪や3月9日を聞いた時、確かに凄いと思ったよ。
でも一時期いいだけのバンドを聞くほど暇じゃないから、
暫くしてまた「興味ない俺」の耳に入るほどの曲が作れたら聞こうと思ってた。
そして、そのまま解散。

一回だけ何かの曲を聞いたことはあったな。
ただその曲は、まったくバンドサウンドじゃなかった。


彼らは芸術家として一番しちゃいけないことをしたんだろうね。
則ち「他人の意見を聞く」。
ファンが聞きたいのは他人の音楽じゃなくて、
そのバンドの音楽なんだよ。
当たり前なのに、いや、だからかな、それをしてはいけないと気づきにくい。
ファンの意見も、会社のお偉いさんの意見も、プロデューサーの意見も聞かない。
そうじゃなきゃ、そのバンドの音楽じゃない。
勿論極論だけど、突き詰めればそういうことだと思うよ。

てかまぁ場合によっちゃ聞くのも悪くないかもしれないけど、
最低限根底だけは変えちゃいけないだろう。
多分、レミオロメンは芯が崩れたんだろうね。
聞いた話によると、粉雪より前までは和製英語すら使わない日本語の美しい歌詞を書いていたそうじゃない。
そのまま突き進めばよかったのにね。

根っこがあるバンドはいいバンド。
ミクスチャーな音楽性で悲しみの先の希望を大量の比喩で描く
類を見ない独特の世界観、着眼点をネガティバー視点で描く
ひょうきんにおちゃらけながら世界はこんなにも醜くて美しいんだと歌う
世間にあるはずの不平不満を代弁して音楽で革命を起こす

おっと、最後のバンド凄くバカっぽいぞ。
どうしてかな?
まぁでも本当に何だっていいのさ。
ブレない部分があるのは大事。

惜しいバンドを亡くしたと思いながらも、
それもまた才能かと思ってしまうのでした。

はっはっは

見る価値パーセンテージ~!

15話視聴前⇒65パーセント
祭死亡⇒80パーセント減
集覚醒⇒15パーセント増
総計⇒5パーセント

超萎えた。けど集がぶっ壊れる様は見てて笑える。
ざまぁ。
「クズは区別しなくちゃならない」。
あんたが一番クズですからー!!!

ここから1話ごとに集が堕ちていくたびにパーセンテージが上がっていくと思う。
途中でまともになったらガタ堕ちするけどね。
最後まで悪の王でバッドエンドなら或る意味面白い。
私怨だけでなく単純に堕ちていった方が面白そうだと思うよ。
ま、ないけどね。
どーせ途中で「祭の想いを忘れてた……」とかなって、
「ああ、祭は僕に優しい王様になってほしかったんだった……」で改心してまともになるんだろ。
あ、でもそれに気づくも時既に遅しなら堕とせるか。
堕ちろ堕ちろー!
ギルティクラウンを、罪の王冠を被って悪魔の王になるのだ!

ちっ。
もう期待してなかったけど結局集は祭に優しく出来なかったね。
優しくされるばっかりで何も出来なかった。
祭は完全に後悔だけの存在となったか。

今週のギルクラまとめ。
girukura15.jpg

おー

Another、看護師さん死んじゃったね。
時代的には看護婦、なのかな?
殺し方しっかりしてていいわぁ。

あーらら。
じゃあその弟も死ぬのか。
いや、逆って言うほうが正しいのかな?
弟の巻き添えで看護師さんが死んだ、ってところか。

これ、最後まで行ったら相当数の死者が出るねぇ。
家族も巻き添えなんでしょう?


んー。
あとさ、あのインコ……「ドウシテ?」って鳴きすぎだよね。
鳴くってことは誰かがインコの前で言ってないとおかしい、わけだ。
そして今回のあの叔母さんの反応。
あの人も何か、あるよね。
あ、そうか。
榊原が3組になったってことは、自分が死ぬかもしれないから怖いんだ。
だから、「どうして?」……かな?
頭痛の要因も榊原?
あの人も3組だったのならその呪いの全貌を知ってるんだから。
それとももっと他に「どうして?」の意味があるのか。

「有る年」と「無い年」があるみたいだね。
それも何か関係してくるのか。


鳴ちゃんはやっぱりハブラレっ子っぽい予感。
一番のポイントはここですよね。
「みんなには私のこと、見えてないの。見えてるのは榊原君、あなただけ……だとしたら?」
特にこの「だとしたら?」。
これはあからさまなブラフですわ。
まぁ他にもいろいろいろいろ見えてないとおかしい反応があるんですけどね。
勅使河原の「ヤバいんだよそれ!」とか、
あとは委員長ちゃんが怯えて逃げるのとかね。
「それ」っていうのは見えてないと成立しない反応だし、
怯えて逃げるのだって、榊原に対しての反応とは思えない。
それまではむしろ向こうから話しかけてきたりしたんだから。

抱きしめてよしよししたくなる子だと信じて。
まぁ当たってたらホラーやサスペンス見すぎ認定してくれ。

いやぁ、久々に漫画買うと楽しいね!

購入タイトル一覧
【ライトノベル】
B.A.D.7‐繭墨は人形の悲しみをかえりみない‐
昨日は彼女も恋してた
シアンの憂鬱な銃
キリサキシンドローム
探偵失格‐愛ト謂ウ病悪ノ罹患、故ニ我々ハ人ヲ殺ス‐
答えが運ばれてくるまでに
【漫画】
未来日記⑧⑨
僕らはみんな河合荘②
森田さんは無口5

いやぁ、久しぶりすぎて買いすぎちゃった(・ω<)
でもいいの。
久しぶりだからそんなに困らない。
揃いも揃って中二臭いタイトルが揃いましたな、おい。
特にラノベがヤバい。
だが、それに釣られた俺。
楽しみだわぁ。


さて、感想が言いたい所だけれど、ラノベはまだ読んでない。
未来日記もアニメ放映待ち用なだけ。
と、いうわけで。

森田さんは無口。
安定の真由ちゃんかわいい。
ほのぼのする。
やまなしおちなしいみなしだけど、凄く淡々と可愛いからいい。

僕らはみんな河合荘。
これは酷い。
相変わらず酷い。
だが、最高に面白い。
爆笑できる。
何で無名なのか分からないくらい。
まぁ出版社だろうけれど。
でも、それくらい面白いわ。
大好き。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。